« 2009年4月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年5月の記事

2009年5月30日 (土)

し、食欲ナシ!???

いや~、ブログの更新ご無沙汰。

ま~、こういう大変な時代ですからねぇ。

さてさて、犬なんてのはね。動物なんだよね。だからだ、基本生存本能というものが大優先なわけなんだよね、たぶん。

何かの本で読んだんだけど。迷子になった犬。飼い主は「宅のプードルちゃん、今頃おなか空かせて泣いてるんじゃないかしら」なーんてレースのハンカチで目をぬぐってピーピー泣くらしいが、一方のプードルのほうでは鳥の死骸やら生ごみなんぞにかぶりついて結構元気でやってたりするらしい。

生きるとは食うことである。

その点、うちの「はな」さんは心配がなかった。

何をやっても食う。食っちゃいけないものを食おうとする。食わせないことに非常に反抗する。食わせろ食わせろと要求し続ける。何か出せ何か出せと常に脅迫し続ける。出されたものはすべて平らげる。永遠に食うことを願っている・・・とまぁ、心配してしまうほどの食欲を持ち続けていたのである。

それがだ。

メシを食わない。

ある日、与えたエサに一切手をつけない。(手じゃなくて口だけど)

「いいよ、いいよ。食べなって。」

でも全然食べない。ちょっと一人にしてみて、後で見に行っても全然フードは減っていない。

えー!病気か。

といいながら思い当たるフシが十分にある。

・・・エサ変えたんだよね。

うちはもちろんドッグフード派なんですが、実は銘柄を特定していない。

ドッグフードってのもいろんな種類があって、いろんなモノが入っているのだけど、自分が食うもんじゃないしよくわからない。それに最近人間の食いもんだって、食品偽装だの使い回しだの賞味期限切れだの言っているのだ。犬の食いもんなんて多分もっと酷いことになってるはずである。だったら自分でメシ作れと言われそうだが、そんな手間はかけられないし栄養も犬の生理的知識も全くない。

結果、ドッグフードについては安心できそうな知名度の高いメーカーのものを代わる代わる使うことで、リスク分散を図ろうというのがうちの作戦なのである。

犬の飼育本にもドッグフードのパッケージにもこんなことが書いてある。

「ドッグフードを変えるときには、それまでのドッグフードに新しいドッグフードをわずかに混ぜて、徐々に新しいドッグフードの量を増やし・・・云々」

んなこと関係ないもんねー。うちの「はな」はそんなヤワじゃねーんだよ。ケモノなんだよ。ナメてもらっちゃ困るのだよ。咬むぞ、コノヤロー。

ってな感じで、もうフード変えるときにはいきなり全変更。

それで全然問題なし。完食、即食、速食。どんなフードをやってもがっついていたのだ。

それが食わない。

なので前のフードをやってみる。食った。

前のフードに新しいフードをちょっと混ぜた。ちょっと残した。

いきなり選り好みを始めたということか。むむむ・・・。

今回の新しいフード。メジャーなメーカーのものではないが、おそらく柴を飼っている人なら必ず手にしたであろう「柴専用」の題目がついているヤツである。それの「全成長段階」版である。というのは、同じシリーズに「1歳までの幼犬用」というのがあって、これは過去「はな」が喜んで食っていた。それが「全成長段階」版は食わない。

ちょっとここで脱線。

知名度の高いメーカーのフードを選ぶ方針にも関わらず、このフードを選んだのはまさに「柴専用」の言葉に踊らされてのことである。

柴犬のために専用のフードを作ろうとする人達に悪い人はいないと思う。柴犬を愛する人に悪人はいないのだ。そうは思いませんか。日々柴犬のことを考えている人に悪い人なんていない。一方でドーベルマンが好きな人、ドーベルマンに異様に執着する人というのはなんか「良くない」感じがする。裏社会というか社会不適応者という感じがする。「パグ専用」フードなんかを考えている人(がいたら)、この人も悪人じゃない気がする。「チワワ専用」「ダックス専用」には商売の匂いがする。「ビーグル専用」にはマジメに犬に取り組んでおりますという雰囲気がある。「シェパード専用」では官憲、国家権力の介在が気になる。

ということで(何が「ということ」なのかわからんが)この「柴専用」は良い人たちが作っているはずなので、数あるメジャーなドッグフードを押しのけ、けんぞう閣下のご推挙の誉にあずかったわけである。

その良い人たちが作ったフードを「はな」が食わない。そのくせチーズやらササミやら骨にはよろこんでがっついているのだ。

むむぅ。

「エサまずくって、ガックリ・・・。」
Img_0564

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ ←ブログランキングのクリックおねがいします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

「はな」1歳の誕生日

5月3日。

「はな」の誕生日である。

まぁ、これが人間だったらね。いくらでもやりようはある。

一方で「犬」である。

誕生日どころか一年の概念もなさそうなこのケモノに、何か誕生日としてしてやれることなんかあんだろうか?

とりあえず、その前の日に家族でペットショップに向かう。「はな」へのプレゼント。

まず食い物、そして食いモン、さらにおやつ。

・・・。まぁ、食うくらいしか楽しみねぇだろうからなぁ。

結局、家族の購入した「はな」プレゼントは以下の通り。

私。豚のおもちゃ、肉の匂い付きおもちゃ、犬用ケーキ、HappyBirthdayと書いてあるでかいクッキー、豚の耳、牛のアキレス、馬のアキレス。

奥。水のむボウル、豚の鼻。

娘。クッキー、おやつ。

息子。靴型の皮、でかい骨ガム(38センチ)、つくね型おやつ。

結局こうなる。

娘が相変わらず服を着せたがっていたが、無理だっちゅうの。

そして当日は午前中はドッグランに行く。

だいぶほかの犬とも遊べるようになったが、なぜか一頭のシベリアン・ハスキーにロックオンされて追い回されていた。だったら近づかなきゃいいのに、何を考えているのか自らシベを挑発にいく。

この辺が、黒い弾丸「はな」のわからんところである。しかし、バンバン走りまくったせいか、本人とても満足そう↓
Img_0496

よかったよかった。

でもって晩メシのときにプレゼントを渡すが、別に「受け取る」という感じでもなければ「嬉しい」という感じでもなかった。とにかく普通にケーキをぺろぺろしているだけ。

まぁ人間の勝手な都合ですもんねぇ。
Img_0505

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ ←ブログランキングのクリックおねがいします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

続・毛の話

ナメてた。

ナメてました。完全にナメてたの、アタシ。

何ナメてたって?

毛ですよ、毛。

抜け毛ビギナーの私は完全に抜け毛のすごさを見誤っていた。

ちょっとつまんで、ゴソっと採れてワーイワーイ、なんて喜んでいるバヤイじゃなかった。

ザワっと撫でて、わーなんべんやっても取れるー、なんて騒いでいるバヤイじゃなかった。

初めは点だった。

もこっとした部分をそっと手で摘まむとゴソっと抜ける。

それが点でなくなった。つまり、面になってきた。

ゴソっというよりはグシャッて感じで採れるようになってきた。

それが永遠に続く、そしてだんだん採れているのか採れていないのかわからんようになってくる。しかし確実に抜け毛は量産されていく。うわぁあああ、半ば半狂乱になりながら抜きまくる。

するとですね。

非常に汚くなる・・・。「はな」が汚くなる。毛がごそっと抜けたところと全然抜けていないところ、でもって毛が浮いているところ。それらが美しくないまだら模様になって、とてつもなく汚らしい。

ああ・・・、私の「はな」が汚くなっていく。

スリムビューティーだった「はな」。

ブラックビューティーの名をほしいままにしてきた「はな」。

春日部のナオミ・キャンベルと謳われた「はな」。

その美貌がもはやホームレスと見紛うばかりの汚さである。ほれ↓
Img_0491

こうなってくるとですね。この写真が動物病院などにあったらどう思います?

「うわぁ~、こわいわぁ皮膚病って。宅のエリザベスちゃんも気をつけなくちゃぁ。」てなこと言うでしょ?

あ、あした。「はな」の誕生日なんだけどなぁ・・・。

(堕ちた春日部のナオミ・キャンベル)
Img_0490_2

でも、これが終われば漆黒の美少女に戻ってくれるはず・・・。

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ ←ブログランキングのクリックおねがいします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年9月 »