« はな見 | トップページ | 続・毛の話 »

2009年4月25日 (土)

春のセクハラ

もうすぐ「はな」も満1歳を迎える。

我が家に来てからは約10カ月という感じかしらん。まぁ、1年近くも犬を飼っていれば目新しいこともなくなってくる。

当たり前の毎日の繰り返し。

飼った当初は驚きと戸惑いと刺激と感激と落胆と・・・なんつって、忙しくワタワタしてたもんである。

でも今は平穏。というか退屈。怠惰。つまらない日常。ただ散歩するだけの日々。もう生活のリズムが完全にできちゃって新鮮さがない。

「初しつけ」「初ウ○コ」「初おもちゃ」「初注射」「初発情」「初手術」「初けんか」「初ドッグラン」そんなものみーんなやっちゃった。もはや、初モノなし。

こういうの、なんつうのかな。倦怠期って言うんでしょうね。

そんな中で「はな」と初めての春を迎えた。

温暖化のせいか、「これで春かっ!」と文句を言いたくなるほどに暖かい、いや暑い。

するとですね。

出るんですね、これが。

何がって、けですよ、け。

毛が抜ける。アホみたいに抜ける。

久々の新鮮。そう、「初抜け毛」。

朝、クレートから「はな」を出す。すると白いモヤモヤした毛をまとった黒い犬が飛び出してくる。そして体を身震い。朝の新鮮な空気の中をぶわ~っとモヤモヤ毛がタンポポの種のように舞っていく。

「うわ~、なんじゃそれ。」

体を撫でてやるとその抜け毛がこよりのようにまとまる。

散歩をしていると首の後ろ辺りに、もこっと白いアンダーコートの塊が顔を出している。それをそっとつまむと、頭の中で想像していた5倍くらいの量の毛がゴソッと抜ける。

・・・楽しい。

ゴソッと採れると嬉しい。予想が外れるほど採れるともっと嬉しい。

しかし「はな」ちゃんはツンデレ娘であるからして、あんま体に触られるのが好きじゃない。

玄関前で「はな」をごしごし撫でたりしていると「いやいや」と抵抗する。ブラシなんかで挑もうとするとブラシに咬みついてくる。

でもご主人さまなので、しばらくすると「しゃーねーな」という感じで黙る。

それをいいことにご主人は「はな」の体を撫でまわす。あれなんですかね抜いても抜いても、さらに出てくるんですね。なもんで、ご主人は興奮してくる。昔から「メス」の体を撫でまわすことに並々ならぬ興味を持っているご主人なのである。

そして興奮したご主人が下半身に手を伸ばす。

するとイヤなんですね。「ちょっとだけよ」の世界。若い娘の「はな」としては下半身は守りたい。下半身のナデナデは許したくない。で、「いやっ」って感じで逃げる。でもご主人はそれを許さない。ご主人は昔から「メス」の下半身に並々ならぬ熱意を持っている人なのである。

下半身を撫でたい人なのである。

隙あらば「メス」の下半身を触りたいという永遠のテーマを持っている人なのである。

と、いうことでこの倦怠期に図らずも、とても濃密なスキンシップを敢行している「はな」とけんぞう閣下なのであった。

(おっさんのセクハラ被害に悩む「はな」さん)
Img_0461

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ ←ブログランキングのクリックおねがいします。

|

« はな見 | トップページ | 続・毛の話 »

コメント

きょうK閣下と、アンダーコートに落胆する?

投稿: BlogPetのいぬぞう | 2009年4月26日 (日) 15時07分

そうそう。柴っ子の抜け毛って大人しく取らせてくれるならとっても楽しいですよね~。
うちは大人しくしているような子じゃないのでだましだまし少しずつ取ってますがやっぱり楽しいです♪ファーミネーターも癖になっちゃう楽しさですが、鼻に皺を寄せる前にやめないとキケンなので見極めが難しいところです。

>>
鼻に皺まで怒らせたことはないんですけどね、もう連続甘咬み攻撃がすごいんですわ。
カクカクカクッって咬むんです、うひ。

投稿: AMAO | 2009年4月28日 (火) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501831/44782680

この記事へのトラックバック一覧です: 春のセクハラ:

« はな見 | トップページ | 続・毛の話 »