« 犬と目が合うとき | トップページ | 忘れてはいけないもの »

2009年2月15日 (日)

脱走事件

この真冬には信じられないほどの暖かさ。気温22度の土曜日の午後うらら。けんぞう閣下はPCゲーム「シヴィライゼーション」なぞやりながら、極めて穏やかな休日の楽しみにアステカ帝国との戦争を楽しんでいた。

このアステカのモンテスマという統治者はゲームの序盤から「友好の証に兵士5万人を生贄にしよう」等と物騒なことをほざく輩なので、常々憎々しく思っていたのだ。領土拡張に目もくれず持てる財力の全てをテクノロジー研究に注ぎこんだおかげで、けんぞう閣下はいち早くライフル兵が編成できるようになったのだ。野蛮なアステカ帝国など一網打尽に壊滅させてやるつもりである。よく見るとその奥にいるアメリカも槍やら弓やらの原始的な部隊で防衛している。昨今の金融恐慌の仕返しにこいつらも殲滅してくれよう、わっはっは。

とまぁ、今年初めての夏日に家に閉じこもって、陰気に遊んでたわけですね。

すると外で遊んでいた娘が家の中に飛び込んできた。

「はなが逃げたっ!」

ぬゎにぃ~?

なんか息子がヘマやって「はな」が逃げたらしい。

まぁね、でもそんなに慌てなかった。やっぱどこかで「はな」が本気で逃げだしているわけじゃないとか思ってんだよね。「はな」なら人を咬むこともないだろうし。おやつのチーズの袋をポケットに突っ込んで外に出る。目の前の4m道路にはすでに人影なし。息子の姿もない。追いかけて行ったらしい。娘もさーっと駆けていった。

だからね。

追いかけちゃダメなの。

放っておきゃ、ぐるっとUターンして戻ってくんだよ。それを追いかけるから逃げるの。

通りに出てしばらく歩くと10人位の子供の集団がワイワイやっている。その真ん中で気が狂ったように叫んでいるわが息子の姿。・・・とほほ。完全にパニックに陥ってて自分が制御できなくなってる。

「はなぁーっ、はぁあぁなぁあああああああああっっっ!は、は、は、はなぁぁあぁあぁぁああわっ!!!!!」

もう狂っちゃってんだもの。近所の家やらそば屋からも人が飛び出して見ている。ご近所のいい笑いモン。ちょっとした大事件になっちゃってる。

近づいていくと知り合いの接骨院の先生と目が合ってしまい、「ははは、すいませんすいません。」と頭を掻きながら力なく笑う。息子のとこに行って軽く頭をはたき、とりあえず黙らせる。周囲の10人の子供たちがいろいろ言っているのを無視して息子に尋ねる。

父親「どっちの方いったの?」

息子「ア、ハグッ、ウグ、ヒック、真っ直ぐ、ヒック、アガ、見えなく、エグッ、はな、ウグッ」

事情聴取にもなんにもならんのである。埒があかないので娘に話を聞こうと思ったら、自転車で通りがかった女性が「黒柴ですか?」と声をかけてくれた。

「八百屋さんのとこにいましたよ」

なんのこたぁない、そっから30mほど行ったところに八百屋がある。いつもの散歩コースを気ままに歩いているのだ。道がカーブしているのでここからは見えない。お礼を言って歩いて行こうとすると、背後の10人の子供たちが「行くぞー」とか言ってる。だから来るなっつうの。子供たちに騒がないように注意して10歩も歩くと八百屋さんが見える。その時点で店先でウロウロしている「はな」の姿が見えた。

私が「はなーっ」と呼ぶと、気づいた彼女が一直線にこちらに走ってきた。

その様子を見て、周囲から湧き上がる「おーっ」の声。

ちゃあんとご主人がね。こう呼べばですね。戻ってくんですね。みなさんお騒がせしましたね。

落ち着いたところで娘に話を聞くと、息子が「はな」を庭に放すときにスキをついて道路に出たらしい。たぶんそれを息子が追いかけてしまったのだろう。「はな」が戻ってきてしばらくは息子は放心状態だった。まぁ本人は詳しく語らなかったけど。多分、もう「はな」と会えなくなると思い込んだのだと思う。最近は生意気ばかりで言うことも聞かなくなっているようだが、まだまだ小学二年生。クソガキなのだ。普段「はな」の面倒をいい加減にしているからですよ。

息子には良い薬になったようである。

(逃亡事件当日朝の「はな」さん。少し引き上がった口の端に何かの企みを感じる。)
Img_0386

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ ←ブログランキングのクリックおねがいします。

|

« 犬と目が合うとき | トップページ | 忘れてはいけないもの »

コメント

はなちゃんご無事に戻ってこれて何よりです。ちゃんと呼び戻しができるんだね。まろこは脱走したことがないし、広場では必ずリードがついているから呼び戻せるかどうかがちょっと不安。
脱走した子にとって一番の危険は車!本当に無事で良かったですね。

>>AMAOしゃん

まぁ、気をつけなきゃなぁとは思いました。ホントに車に轢かれちゃったりしたら、多分今回の件もこんなにほんわかと笑い話にはできないですものね。

投稿: AMAO | 2009年2月15日 (日) 15時27分

研究するの?

>>いぬぞう

こらっ、ちったぁ意味のあるコメント作れや!

投稿: BlogPetのいぬぞう | 2009年2月19日 (木) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501831/44058731

この記事へのトラックバック一覧です: 脱走事件:

« 犬と目が合うとき | トップページ | 忘れてはいけないもの »