« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の記事

2009年2月28日 (土)

けんぞう閣下の犬説教

けんぞう閣下ももうすぐ40の頃合い。今の40は若いとはいっても、もはや中年の領域である。こうしてみると早いもんだなぁ。生活の至るところで「歳くったなぁ」と思う日々なのだが、最近労働環境が変わって頻繁に感じることがある。

それは若い世代の考えていることがわからんということである。

とくに20代後半くらいの人間。この辺りの人たちの考え方というか行動がよくわからない。無論、全員が全員ではなく一部の人間なんだけどね。優秀な人はもちろん優秀。で、何がわからないかというとすっごい反抗的なのね。なもんで、サラリーマン的に最悪なことでも平気でやっちゃう。

教えても素直に聞かない。

助けてやっても感謝しない。

そうすっと、社長がけんぞう閣下を飲みに誘うわけですね。

社長      「礼儀がなっとらんのだなぁ、最近の若いのは。」

けんぞう閣下 「(クラッカーにチーズをのせながら)ですねぇ」

社長      「まぁ、けんぞう閣下さんが教育して変わってくれればいいんだけども」

けんぞう閣下 「でもですね。治るもんと治らんものがありますからねぇ。性格はなかなか・・・(ここでガーリックトーストを齧る)」

社長      「あれな、性格の問題なんかなぁ。社会人としてのマナーの問題じゃないんかと思うんだけどなぁ。」

けんぞう閣下 「うーん。(ウィスキーを一口飲んでから)・・・性格じゃないですかねぇ。」

社長      「だとすると、ダメかね。」

けんぞう閣下 「・・・ダメだと思うんですけどねぇ。(ポテトにケチャップをなすりつける)」

社長      「ダメかぁ。」

けんぞう閣下 「・・・(口の中でポテトをモグモグ)。」

社長      「・・・そこを何とかならんかねぇ。」

けんぞう閣下 「(手にしたメニューを置き)あの一件、彼は社長に謝ったんですか?」

社長      「謝っとらんのだねぇ。」

けんぞう閣下 「それはマナー以前の問題ですねぇ。(エスカルゴをトーストにのせる)」

社長      「だよなぁ。」

けんぞう閣下 「彼は(熱いエスカルゴにむせながら)・・・客の前に出せませんよ。」

社長      「それじゃぁ、困るんだがなぁ。」

けんぞう閣下 「(ウィスキーで熱いのをさまして)なんで、採用したんですかね。」

社長      「いや、私が来る前だからねぇ。あれだねぇ、なかなか人が採れなかったっていうのがあったんだろうねぇ。」

けんぞう閣下 「採用は妥協しちゃダメなんですよね(ナプキンで口の周りを拭う)。」

社長      「そうなんだよなぁ。」

けんぞう閣下 「・・・(もう一回、エスカルゴに手を伸ばす)。」

社長      「・・・。」

けんぞう閣下 「(スプーンですくったエスカルゴをトーストの上に)・・・。」

社長      「やっぱ、どうにもならんかね。」

けんぞう閣下 「(またエスカルゴが熱くてむせる)・・・難しいですよ。」

社長      「そうですなぁ・・・。」

けんぞう閣下 「・・・。(またスプーンをもってエスカルゴをすくう)」

社長      「・・・。」

けんぞう閣下 「・・・。(トーストの縁に垂れさがるエスカルゴをスプーンで整える)」

社長      「・・・。」

けんぞう閣下 「・・・。(さすがにアツアツではないので、安心してモグモグ)」

社長      「けんぞう閣下さん。」

けんぞう閣下 「はい。(真剣な顔をする)」

社長      「・・・エスカルゴ、おいしい?」

けんぞう閣下 「おいしいです。おかわりしましょう。」

社長      「はぁ。」

けんぞう閣下 「(店員に)すいません。」

社長      「やっぱ、ダメかぁ。」

けんぞう閣下 「(店員に)これ、おかわりちょうだい!」

社長      「もっとどんどん頼みなさいよ。」

けんぞう閣下 「(社長に)では遠慮なく。(店員に)生ハム!」

社長      「(タメ息)」

とまぁ、夜の日本橋に社長のタメ息が広がるわけですね。

こういう若いヤツがいる。あるときオフィスでけんぞう閣下が彼を呼んだ。

けんぞう閣下 「○○君。」

○○      「・・・。(パソコンカタカタ)」

けんぞう閣下 「○○君、ちょっと。」

○○      「・・・。(メガネをイジイジ)」

けんぞう閣下 「○○君。」

見かねて横の人間が声をかける。

優秀なA君  「○○っ!けんぞう閣下さんが呼んでる!」

○○      「えっ、あ、・・・はい。」

優秀なA君  「お前、何考えてんだ!」

○○      「いや、ちょっと、そうではなくて・・・」

優秀なA君  「グダグダ言ってないで早く行けっ!」

○○      「(私のところに来て)・・・はい。」

けんぞう閣下 「○○君、あのね。うちの犬だって、名前呼べば僕のところに来るよ。」

○○      「・・・はぁ。」

けんぞう閣下 「うちの犬でさえ、呼べば僕を見るよ。」

○○      「・・・。」

けんぞう閣下 「何やってたの。」

○○      「・・・あの、交通費の精算を。」

けんぞう閣下 「それは僕の用事よりも大切な用事なの?」

○○      「いや。」

けんぞう閣下 「あのさ。うちの犬だって、おもちゃで遊んでても僕が呼べば来るんだよ。」

○○      「うん。」

ぶちっ(キレた)

けんぞう閣下 「社会人に”うん”という返事はないっ!」

○○      「あ、いや。そうです。はい。」

けんぞう閣下 「もういい、頼まん。戻れ。」

○○      「・・・。(モジモジ)」

そこで怒鳴ったね、私は。

「ハウスッ!」

オフィス中で沸き上がる笑い声。

働く場所の雰囲気造りも大変である。

こんなことでも役に立っている「はな」さんなのだ。

(わが社の社員<28歳>よりも高い能力を持つ「はな」さん)
Img_0409
(写真は「呼んだら顔を見る」という業務)

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ ←ブログランキングのクリックおねがいします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

忘れてはいけないもの

朝は忙しい。

なんせ家を出なければいけない時間が決まっている。締めの時間がある。だいたいだ、何かに追われている人間は、落ち着いて事を運ぶことができない。加えて朝は頭が働かない。

すると、忘れ物をする。

意外とサラリーマンというのはいろんなモノを持っていなければならない。ざっとスーツの中に納めるものだけでも、財布、定期、携帯、名刺入れ、手帳、小銭入れ、青と赤のペン、ハンカチ、鍵束、それにオフィスに入るためのIDカード。ほら、多いでしょ。それに鼻水がでるときにゃチリ紙がいる。

だから働く男のスーツは型が崩れるのが当たり前なのだ。スーツの崩れていない勤め人なんざ、仕事ができない証拠である。日本の男はよれよれになって初めて仕事に磨きがかかるもんなのである。どっかの口の曲がったおっさんみたいに、スーツの裾に重りなんぞ入れてるバヤイではないのである。政治家だってスーツがよれよれにならなきゃいかんのである。

そんなわけで朝、家を出てからしばらくして忘れ物に気づくことが多い。

私の場合、良く忘れるのが新聞。その次が腕時計。さらになんとメガネ。ひどいときにはベルト。最悪の忘れ物はスーツの上着!(コート着てたんで、会社まで気づかなかったことがある)

まぁ、要するに寝ぼけてんでしょうね。朝はぼーっとしている。ということは起き抜けの犬の散歩なんかになれば、さらに頭が動かない。

おとといの朝。関東地方は普通降りの雨だった。5時半にダウンジャケットを着込み、右手に傘、左手に「はな」のリードを持って散歩にでかけた。基本頭の中、カラっぽ。

いつものコースを、焦点の定まらない目で雨の中歩いて行く。いつものようにいつもの場所で「はな」はオシッコをし、ウ○コをした。

・・・ここである。

ここで私はある「忘れ物」に気がついた。

おわかりですね。

そう、「ウ○コ袋」である。

広いスーパーの駐車場のど真ん中。黒いアスファルトの上に黄金のカリントウが4.5本。

降り続く雨の中、ダウンジャケットのポケットをまさぐりながら、中年男は「あわあわあわ」と慌てていた。辺りを見回しても駐車場のど真ん中である。何もあるわきゃない。

私がそのとき服以外に持ち出していたのは、「はな」のおやつのチーズと家のカギだけだ。

ふくろ、ふくろ、ふくろ!

ないよねぇ~。

と天才けんぞう閣下は思いついた。左のポッケのチーズである。横7センチ、縦13センチほどの硬めのふくろというか、プラスチック風の硬い入れ物。100円で売っているおつまみのイカの燻製の袋みたいなもんだと思ってもらえばいい。

これに入れるしかない。

迷わず中身をダウンのポケットの中に直にばらまいて、なんとか空の袋にした。

さぁ、いれるぞ。と、その袋を地面に近づけてみる。そしてウ○コにそのまま・・・?

ん、どうやって入れりゃいいんだ?

入らないんだなぁ、これが。想像してみてくださいよ。小さいおつまみの袋を片手で持ってですよ。地面に落ちているウ○コを取るというのは不可能なのです。普通の場合なら、袋に手を突っ込んで、つかんでから袋を裏返せばいいわけなんですね。これなら片手でとれるわけです。

けど、硬い袋で手が入るほどの大きさもない。

結局、パカッと袋の口をあけて、地面からウ○コをすくうようにして取るしかない。でもって、すくおうとしてもウ○コが逃げてくわけですよ、袋の口に押されて。その逃げてくウ○コが大小おりまぜて5個もあるんですよ!

あたしゃ、気ぃ狂うかと思いましたね。

再度言おう。

朝は忙しい、そして頭が働かない。

作業を終えた私の苦労などを知らない「はな」が待ちかねたように勢いよくリードを引っ張った。

その瞬間。私はカリントウをつまんだその左手で傘の握り手を掴んでしまったのだった・・・。ヌルヌル・・・。

♪ゴぉ~ルドフィンガぁあ~

「へっ!」
Img_0385

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ ←ブログランキングのクリックおねがいします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

脱走事件

この真冬には信じられないほどの暖かさ。気温22度の土曜日の午後うらら。けんぞう閣下はPCゲーム「シヴィライゼーション」なぞやりながら、極めて穏やかな休日の楽しみにアステカ帝国との戦争を楽しんでいた。

このアステカのモンテスマという統治者はゲームの序盤から「友好の証に兵士5万人を生贄にしよう」等と物騒なことをほざく輩なので、常々憎々しく思っていたのだ。領土拡張に目もくれず持てる財力の全てをテクノロジー研究に注ぎこんだおかげで、けんぞう閣下はいち早くライフル兵が編成できるようになったのだ。野蛮なアステカ帝国など一網打尽に壊滅させてやるつもりである。よく見るとその奥にいるアメリカも槍やら弓やらの原始的な部隊で防衛している。昨今の金融恐慌の仕返しにこいつらも殲滅してくれよう、わっはっは。

とまぁ、今年初めての夏日に家に閉じこもって、陰気に遊んでたわけですね。

すると外で遊んでいた娘が家の中に飛び込んできた。

「はなが逃げたっ!」

ぬゎにぃ~?

なんか息子がヘマやって「はな」が逃げたらしい。

まぁね、でもそんなに慌てなかった。やっぱどこかで「はな」が本気で逃げだしているわけじゃないとか思ってんだよね。「はな」なら人を咬むこともないだろうし。おやつのチーズの袋をポケットに突っ込んで外に出る。目の前の4m道路にはすでに人影なし。息子の姿もない。追いかけて行ったらしい。娘もさーっと駆けていった。

だからね。

追いかけちゃダメなの。

放っておきゃ、ぐるっとUターンして戻ってくんだよ。それを追いかけるから逃げるの。

通りに出てしばらく歩くと10人位の子供の集団がワイワイやっている。その真ん中で気が狂ったように叫んでいるわが息子の姿。・・・とほほ。完全にパニックに陥ってて自分が制御できなくなってる。

「はなぁーっ、はぁあぁなぁあああああああああっっっ!は、は、は、はなぁぁあぁあぁぁああわっ!!!!!」

もう狂っちゃってんだもの。近所の家やらそば屋からも人が飛び出して見ている。ご近所のいい笑いモン。ちょっとした大事件になっちゃってる。

近づいていくと知り合いの接骨院の先生と目が合ってしまい、「ははは、すいませんすいません。」と頭を掻きながら力なく笑う。息子のとこに行って軽く頭をはたき、とりあえず黙らせる。周囲の10人の子供たちがいろいろ言っているのを無視して息子に尋ねる。

父親「どっちの方いったの?」

息子「ア、ハグッ、ウグ、ヒック、真っ直ぐ、ヒック、アガ、見えなく、エグッ、はな、ウグッ」

事情聴取にもなんにもならんのである。埒があかないので娘に話を聞こうと思ったら、自転車で通りがかった女性が「黒柴ですか?」と声をかけてくれた。

「八百屋さんのとこにいましたよ」

なんのこたぁない、そっから30mほど行ったところに八百屋がある。いつもの散歩コースを気ままに歩いているのだ。道がカーブしているのでここからは見えない。お礼を言って歩いて行こうとすると、背後の10人の子供たちが「行くぞー」とか言ってる。だから来るなっつうの。子供たちに騒がないように注意して10歩も歩くと八百屋さんが見える。その時点で店先でウロウロしている「はな」の姿が見えた。

私が「はなーっ」と呼ぶと、気づいた彼女が一直線にこちらに走ってきた。

その様子を見て、周囲から湧き上がる「おーっ」の声。

ちゃあんとご主人がね。こう呼べばですね。戻ってくんですね。みなさんお騒がせしましたね。

落ち着いたところで娘に話を聞くと、息子が「はな」を庭に放すときにスキをついて道路に出たらしい。たぶんそれを息子が追いかけてしまったのだろう。「はな」が戻ってきてしばらくは息子は放心状態だった。まぁ本人は詳しく語らなかったけど。多分、もう「はな」と会えなくなると思い込んだのだと思う。最近は生意気ばかりで言うことも聞かなくなっているようだが、まだまだ小学二年生。クソガキなのだ。普段「はな」の面倒をいい加減にしているからですよ。

息子には良い薬になったようである。

(逃亡事件当日朝の「はな」さん。少し引き上がった口の端に何かの企みを感じる。)
Img_0386

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ ←ブログランキングのクリックおねがいします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

犬と目が合うとき

例えばですね。

取引先と打ち合わせをしていたとする。打ち合わせというと簡単に聞こえるけど、実際は結構難しい。要はコミュニケーションである。会話のキャッチボールがうまくラリーできるか。ラリーのテンポがポンポンと進むととてもよい打ち合わせと感じる。お、ノッてるなという感じになる。おれ、仕事がんばってんな、とか思う。

ただ、相手があまり話さないタイプの人だとこれがつらい。あら?どしたのかな?なんて思いながら、結果としてずっと自分だけが話す状況になる。焦って饒舌になる。汗とかも出てくる。

一度ね。あまりにも話す気がなさそうな人に当たったので、ちょっと私も黙ってみたことがある。なんなんですかね、ああいう人種ってのは。

ずーっと黙ってんのね。

そーいうのが苦痛じゃないのね。

スナックとかでもずっとだまーってる女の子いるのね。なんだろ、この人とか思ってると実は中国人で日本語話せないとかいうオチがついてんだけど。だったら別の仕事探せっての。

とにかくだ。

人間である以上、言葉は使うべきである。

一方で、当たり前の話犬は口をきかない。なので犬とのコミュニケーションは目が中心になる。

やっぱりはじめに重要なのは、名前を呼んだらこっちを見るようにすることですね。「はな」って呼ぶと、カクッとマズルを上に向けて私の顔を見る。このときにたまに口が開いてたりするとさらにかわいい。

これだけで感じる「通じ合った歓び」。「主従の嬉しさ」。

生意気なもんで機嫌が悪いときは呼んでもこっちを見ないことがある。そういうときは顔を覗き込む。すると「はな」は顔を背ける。こうなると「なんだおめー」と顔をつかんでこっちに寄せる。それでも目を反らせたりして、なかなか反抗的なのである。おほほ。目が合う合わないで朝の5時半に喧嘩してんだからしょうがない。

でもって、呼んでもいないのにこっちを見てるときがある。だいたいそういうときは構ってもらいたいときのようなのだけど。

あれ、なんなんですかね。

オシッコするときにわざわざ顔を後ろに向けて、こっちを見る。「おしっこしてんの、ゴメンネ」みたいな顔をしている。かわいいんだけどね。

朝、散歩をしていて「はな」がウ○コをする。それをビニール袋でくるんだ手で掴んでいたときにハタと視線を感じた。「はな」がじっとこちらを見ている。その澄んだ目にのけぞった。はたして彼女はこの光景をどう解釈しているのか。おそらく、社会のマナーとしてウ○コを片づけているとは考えていないような気がする。なにか私が彼女のウ○コを求めているように見えてはいないだろうか。

「あ、この人は私のウ○コが目当てなのだ。」とか思われていないだろうか。牛乳のために牛を飼うように、ウ○コのために「はな」を飼ってるのだとか誤解を受けていないだろうか。

ね、そんなことはないよね、はなちゃん。

そう尋ねても彼女はじっと私を見つめるだけである。

やっぱり、言葉って大切だ。

「毎日毎日ウ○コあげてんだから感謝しなさいよー、パパ」
Img_0381

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ ←ブログランキングのクリックおねがいします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

第二の訓練突入

今、受験シーズンなのね。

朝に駅に行ってみると中学生くらいのグループが妙に幼い感じの大人と話をしているのを見かける。受験生と塾の先生の組み合わせってとこですかね。

私の母親も教育ママでした。ただね。家が貧乏なもんだから母親は朝も夜も働かなきゃいけない。小学生くらいまでは基本素直でしたからね、私も。それらしく勉強なんかはしていたんですけど、中学生くらいになるともうダメ。親の目を盗む、欺く、抵抗する。中学一年生から見事に私の成績は急降下をしたわけです。

そんなこんなで教育というのには非常な労力と根気が必要。なにせ教育される側は素直じゃない。「こんなことが何になるの?」なんてのがホントの気持ちだもの。

問題児「はな」ちゃんはかつて、簡単なしつけ教室に通っていた。過去記事に細かく書いているけれども、小さなペットショップの一角で行われている。1時間くらいのレッスンが5回セット。

ここで誤解を解いておきたい。別に私は「はな」に問題があるからレッスンをお願いしたわけではない。犬を飼うのが初めてだったので、いろいろ専門家に教えてもらいたかっただけである。一方でしつけの先生というのは(それが仕事だからしゃーないけど)犬の悪いところをよく見つける。これはいけない。あれはいけない。ね、熱心な教育者ほどそういう傾向がある。

こうなると基本レジスタンス体質のけんぞう閣下は面白くない。

いろいろなマニュアル本に書いてあることも含めて「ケッ」と思ってしまう。

決めつけんじゃないの、とか思う。

犬だってね。エリートになれるのとなれないのとがいるのよ。向いてるヤツと向いていないヤツがいるのよ。うちはね、いいんです。そんないい学校入ってもらわなくても。いい会社行かなくても。のびのびと楽しくやってもらえばいいの。すくすくに健康であればいいの!

てことが本音で。しつけレッスンはその5回で辞めた。

そもそも外飼いだしね。犬飼うポイントはおせーてもらったし。まぁいいかなと。

ところがですね。その「はな」。今月からまた同じ「しつけレッスン」に行き始めた。

なんかひとごとっぽく言ってるでしょ。

人ごとなんだよねー、これが。

うちの奥(女房)がね。しつけレッスンに連れて行きたいと言い出したのね。

まぁ、驚きましたけどね。

彼女の言う理由は「はな」が私以外の人間に少し反抗的になってきたから。

基本的に面倒見てるの私だし、奥としては自分は「はな」についてはノータッチを決め込もうと思ったんでしょうけど。まぁそうもいかんのでしょう(こちら参照)。

そういう事情でいきなり始まった「はな」の「第2のレッスン」。私は出席していないのです。どうなることやら。

Img_0375_2
(おしっこ中でーす。犬も子供も女性も無防備なときが一番カワイイ)

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ ←ブログランキングのク リックおねがいします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »