« 子供でいる時間 | トップページ | 手術の経験 »

2008年12月17日 (水)

愛犬の親離れ

発情まっさかり。

オトナの階段を四本足でたったか昇っていってしまう愛犬を引き戻すリードなどなく、置いてきぼりをくらった気になってしまっている哀れな飼い主。頭の中では「♪想い出がいっぱい」が何度もリフレインなのだ。

朝五時のおもちゃ投げにも気が入らないようで、他の犬の気配を感じると動きを止めてじっとその方向を見ている。もうお父ちゃんとの遊びにも本気になれないのである。つい数日前までガウガウ言って興奮していたのに。

昨日、クレートを買いに行った。夜にでも「はな」を野良犬に手篭めにされてもかなわんので、玄関の中で寝させるようにしたのだ。

玄関を片づけている奥が私の靴が多すぎて片付かないと言う。なので履かなくなった靴やらサンダルを外に出す。こうやってみると似たような靴ばかり買ってんだね、俺ぁ。「はな」が退屈そうに庭に座っていたので、そのうちの一足をあげた。

ちょこちょこと「はな」の体高と体長をメジャーで測る。だいたいですけどね。地面から肩までの体高が40センチないくらい、体長がお尻から鼻の先まで入れると60センチいかないくらい。まぁこうやって測ってみると、ちゃんと立派にオトナの大きさになっとる。よく食うもんねぇ、アンタ。

ということでコジマに言ってクレート購入。5,980円ね。中に毛布でも入れようと思ったが、奥が「パパの服入れてやったら」と言う。

なに?

普通に毛布とか入れてやるよりも好きな人の匂いが付いた服とかの方が犬も落ち着くみたいよ。

だって。

そんな話をどこかで仕入れたようだ。

「あのフリースなんかいいじゃん」と言う。

ということで何年か前にユニクロで買ったフリースを引っ張り出して、匂いつけのために一日中着ていた。夜にクレートの中に敷き詰める。これがちょうどサイズもよくてピッタリ。あったかそうでもある。

昼の間はクレートに慣らす意味で中でおやつとか食わしてた。でもって、夜。馬のアキレス腱と一緒に「はな」をクレートに入れてやった。ご丁寧にクレートの中には水を入れるカップも付いている。

すんなり中に入ってアキレス腱を齧っている。奥がクレートに毛布を掛けたので、中からカリカリという音だけが聞こえる。

昔、カブトムシ飼ってた時にこんな音がしてたなぁ。

ということで、初めておとうちゃんの加齢臭に包まれて「はな」ちゃんは一晩を過ごしたのでした。言っておきますけど、一回も外に出せとは言いませんでしたよぉ~。

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ ←ブログランキングのクリックおねがいします。

|

« 子供でいる時間 | トップページ | 手術の経験 »

コメント

はなちゃん、オトナになったんですね~。うれしいような寂しいような。
とりあえずおめでとうございます、と言わせていただきます。

けんぞう閣下の服を抱いて寝てるなんてはなちゃん、かわいいじゃないですか!
慣れないクレートの夜も、けんぞう閣下の「かほり」に包まれて安心して眠れたんでしょうねcatface

>まきママさん
>
クレートはあっさり入ってくれましたね。もともと犬小屋でああいう「ハコモノ」は慣れていたのかもしれません。
ここ最近めっきり寒くなったので、まぁ良かったかなと思っております。今もクレートの中で馬のアキレス腱食ってます。

けんぞう閣下

投稿: まきママ | 2008年12月17日 (水) 21時32分

女の子ちゃんは、大人と子どもの境がはっきりしてますんで、閣下もちょっぴりセンチメンタルですな・・。本当に可愛がってる様子ですもんね。
でもこれからもっと長ーい時間の中、はなちゃんとの心のつながりができてくるでしょうし、楽しいこともたくさんありましょうやo(*^▽^*)o
玄関にはなちゃんがいると、なんだか気持もちかくなってるようで、うれしくありませんか?柴犬と飼い主という本に書かれているようなくくりではなく、はなちゃんと閣下だから通じるしつけや決めごと、楽しみ方を見つけていくのが喜びですな。

>ぎんママさん
>
う~む、私の気持ちは近くなってるつもりなんですけど、「はな」坊は、それどころじゃないみたいです(笑)。
もともと野性味の強い仔だったので、まぁ、サカっちゃうと本能が強くなるんかもしれませんね。
なんつうんですか。反抗期?みたいな感じでもあります。
それでもクレートに入ればおとなしくなるので、だいぶ楽にはなりました。

けんぞう閣下

投稿: ぎんたろう | 2008年12月18日 (木) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501831/43447123

この記事へのトラックバック一覧です: 愛犬の親離れ:

« 子供でいる時間 | トップページ | 手術の経験 »