« 7ヶ月4日のヒートアップ! | トップページ | 長ぁ~いリードのススメ »

2008年12月11日 (木)

家族のしつけ

犬を初めて飼った人間が陥りがちな「育児ノイローゼ」。

経験のある人であればよくわかる。犬についてのいろいろな情報を取り込みすぎてしまって、それがうまくいかない。例えば飼育本やウェブで「甘咬みは絶対に許してはいけない」などと思いっきり断言するものだから、愛犬の甘咬みが治らないと悩んでしまう。焦ってしまう。苛立ってしまう。飼育本に「トイレのしつけは~すればよい」なんて書いてあるのに、なかなかトイレがうまくいかないと唸ってしまう。苦しんでしまう。ひっぱたいてしまう。で、自己嫌悪。

わかる。私もそうだった。
よくよく冷静になって考えてみれば、所詮犬である。生き物である。全ての犬に通用する何らかのしつけの黄金パターンなどある方がおかしい。犬それぞれの個性もあれば、たとえ同じ犬でも生後6ヶ月と1年では全然行動が違う。3ヶ月と5ヶ月だってかなり違う。だから、飼育本やらウェブなんやらの情報はただの知識として看過すりゃいいのである。ましてや「絶対~だ」とか「必ず~なければならない」といった表現のほとんどは無視してしまえばいい。

トレーナーだとかしつけ教室といった専門家についても同じ。もちろん素人の自分たちよりも何倍も頼りになるのは間違いないから、手助けをしてもらうのは良いと思う。しかし、彼らが言うことが100%正しいという裏付けは一切ない。実際に犬の専門家たちはよく論争をしている。オオカミが犬の祖先か否かなんてかなり基本のところでも意見が分かれちゃってるのだから、誰も何一つとして確信なんて持ってないのだ。犬と話ができる人間がいれば、別だけどね。
特にしつけ関係の場合、専門家に相談すると愛犬についてまず良いことは言われない。この行動はよくない。このまま放っておくとまずい。大変なことになる。でもこのうちに相談に来てもらってよかった・・・とまぁ、こんな感じだろう。
しかしそれは仕方がないのだ。そうやって飼い主の不安を煽らないと、彼らの存在意義にかかるわけだから。
あくまでも知識と経験を教えてもらい、それをどう行使するか、どう判断するかは飼い主自身が決めることだと私は思っている。

とまぁ、そんな考え方をするようになってから、犬のしつけに対する私の悩みやら苛立ちはすっとなくなっていったわけである。楽になった。
言ってみれば、許容度の調整ですね。「ま、いいんじゃないの」の姿勢ですね。
愛犬「はな」が甘咬みをする。ま、いいんじゃないの、本気じゃないし。
「はな」が外で吠えている。ま、いいんじゃないの、お昼だし。

今でもこういう考え方は必要だと思っているし、間違ってもいないと考えている。

しかしだ。それじゃダメだと言われてしまったわけ(「ついにきた、クレームの書面」参照)。「オメーんとこはちゃんとしつけしてんのか」と言われてしまったわけである。「ま、いいんじゃいの」って全然良くないのっ!って怒られちゃったわけである。実際、一時期ちょっと気緩め過ぎてた感じもあったしね。

そうなってくるとやはり神経質になってくる。ただ、犬なのである。全然吠えないというわけにはいかない。問題といえる程度をどの辺に置くかということだろう。だから、匿名だとやりにくいんである。実際に話を聞いて対処したいのね。私も反省しているし。

で、今現在。

私はそんなに「はな」の吠えが問題ではなくなったと思っている。夜は全く吠えなくなった。日中にワンワンと吠えることもあるが、退屈しのぎのように2.3回吠えて勝手に黙るので、叱るタイミングがとれないほどだ。多分、クレームの主も納得してくれているのではないかと思っているのだが、そうではない人がいる。

うちの奥である。

神経質になる気持ちもわかるけどねぇ。ちょっとでも吠えると眉間に皺を寄せて「なんとかしろ」という。一応、説得するのだ。何が問題だと。「はな」がヒート中であったり、まだ7ヶ月のやんちゃ盛りということを考えても十分ではないかと。犬なんだから完全無欠に吠えないことはないと。

しかし、うちの奥じたいがアルファシンドロームなので、私が何を言っても無駄なのだった。トレーナーさんに相談したい気分である

「生後3ヶ月の頃。この頃からワガママだったよねー」
Img_0043

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ ←ブログランキングのクリックおねがいします。

|

« 7ヶ月4日のヒートアップ! | トップページ | 長ぁ~いリードのススメ »

コメント

う~ん…奥様、犬を飼うのは初めてですか?初めてだとやっぱり色々と神経質になりますよね。
私は子供のころからずっと犬がいた生活(ちなみに3頭みんな柴でした)だったので、「犬なんだもん、しかたないじゃん!」って思って結構なんでも許せちゃいます。それとも奥様は基本的に犬が苦手?…でも飼った以上はその子を愛して理解してあげてほしいな。人間だってたまにはワーッと発散しないとおかしくなっちゃう。はなちゃんだって吠えることを一切だめってされたらノイローゼになっちゃうかも。けんぞう閣下、がんばって下さいね!
ちょっと偉そうに書いちゃった。ごめんなさい。

ヒートおめでとうございます。うちは次のヒートでお見合いよていです。

>おかあかあAMAOさん
>
こんちわ。
うちの奥は生きとし生けるものの全てが大嫌いという筋金入りの動物嫌いなのです。なので、私が犬を飼い始めたというのは彼女にとって、夫の造反、クーデターに等しい話なのですね。
だから「はな」に子供産ませられないのは奥の意向が強い・・・。まぁ、そう考えてみると本来犬を飼うべき基本的な条件の一つが抜けているというのが実際の話なのです。

いいなぁ、お見合い。

けんぞう閣下

投稿: おかあかあAMAO | 2008年12月11日 (木) 08時35分

共感しますhappy01
本当に育犬ノイローゼ、なりかけました^^;
うちの場合は、あまがみが一番の悩みなのですけれど。
現在も試行錯誤中ですcatface

奥様、犬が苦手だと、余計に神経質になってしまうのかもしれませんね。

例えば赤ちゃんに、夜鳴きを止めろ!といってなくなるわけはありませんよね。一切泣くな!といってそれが通用するわけもない。
犬も生き物です。犬なりの理由があるはずです。
人間の赤ちゃんの鳴き声に対しても、すべての人が寛容なわけではないですよ。
それでも、いずれ成長すればしなくなるから、我慢している。
犬だって、躾をする期間、成長するための期間が必要ですよね。
生まれた時から人間の生活の都合通りの犬なんているわけはないのですから。

夜間、玄関に入れてやるだけでも、外に響く吠え声の音量は小さくなります。
もしも、奥様は周囲に対しての事で吠える事にピリピリとしてしまうのなら、ちょっと譲歩して入れてあげたら、そういうストレスは減るかもしれませんよ?

夏に窓を開けっ放しだとあまり変わらないかもしれませんが^^;

>コタねえ
>
初めまして。コメントありがとうです。
そうなんすよね。人間の子供・・・うちでは2匹育てていますが、それと同じなんですよね。1歳2歳の子に何言ってもしゃーないところあるじゃないですか。
だから力抜けばいいんすけどね。

一応、夜については玄関にクレートを置いて対応できないかなとか考えていますが、夜の吠え、完全におさまっちゃったんです。

コタねえさんのブログ、今日会社から帰ったら見させていただきます。

けんぞう閣下

投稿: コタねえ | 2008年12月12日 (金) 02時09分

はじめまして・・・ はなちゃんを飼うことにご家族でよく話し合いましたか? ドッグトレーナーでも柴犬のしつけには苦労します。うちは、柴犬を飼うことに8年間かけて家族の気持ちを一つにしていきました。今後、はなちゃんに急病、怪我などで病院のお世話になったりした際、どなたが責任を持って世話されるのでしょうか?犬嫌いの奥さまはノータッチ? あなたは仕事を休んで看病しますか?はなちゃんがとても可愛い黒柴ちゃんなだけにもっとご家族が協力してほしいです。あなたお一人の力だけでは難しいでしょうし。はなちゃんが可愛そう。夜中に要求鳴きするのも、犬のせいではありませんよ、全て飼い主に問題あるのです。(えさも朝夜2回、月齢に応じた適正量をあげるだけで大丈夫です)もう1度、しつけ教室で勉強してきてください。こんな半端な気持ちで柴犬を飼ってほしくありません。

>ごん太ママさん
>
ご意見拝受しました。
趣味でやっているブログなので、全てを正確にお伝えできていないものとは思っています。表現も誇張していますし。
ですので、そんなに深刻な状況にあるわけではないということだけお伝えしておきます。

けんぞう閣下

投稿: ごん太ママ | 2008年12月13日 (土) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501831/43374895

この記事へのトラックバック一覧です: 家族のしつけ:

« 7ヶ月4日のヒートアップ! | トップページ | 長ぁ~いリードのススメ »