« 【荒れモード継続中】侵入者 | トップページ | 【荒れモード継続中】愛犬のコモディティ »

2008年11月 8日 (土)

【荒れモード継続中】ご近所の犬事件簿

昨日の一件(「【荒れモード継続中】侵入者」参照)にて、我が家の敷地に侵入者がいるということを知った私である。門扉に鍵をつけ、玄関に布団を敷いて寝てみた。もちろん、現行犯をふん捕まえてやるためだ。我が城は我が手で護らねばならぬのである。単なる役所組織に成り下がった官憲などに頼っているバヤイではないのである。

「みなさ~ん、SECOMしてますか?」と長嶋終身名誉監督に聞かれでも、我が家は「してません」とうなだれるしかない。だからしてお父さんは玄関に寝るしかないのだ。

横になりながら考えた。侵入者が来たら門扉をさっと飛び越えて掴みかかるのである。足を引っ掛けてでも首投げをしてでもとにかく相手の身体を引き倒してしまって、その後は私の体重を活かしたキャメルクラッチで相手を封殺するのである。本当の戦いに美しさなどはいらんのである。泥臭く、どんな手を使っても勝つのである。それが戦いを宿命とした男の悲しくもはかない姿なのである。「ディス イズ スパァルタァーッ!」(映画「300」より。そこそこ面白かった。レッド・クリフの戦闘シーンこの映画意識してないか?)

とまぁ、それは夜の話。

昼間に私は奥(女房)にご近所への聞き込みならびに注意喚起を依頼した。治安とは地域の問題である。この近くにわけのわからん奴が住んでいると皆に知らせなければならない。そして皆で眼をスルドく三角にして警戒しなければいけないのだ。

こういうときに我が家の外務次官である奥は重宝する存在である。自治会の役員である。子供会の会長である。無用の長物と思われていた彼女の権力嗜好がこんな形で役に立つとは思わなかった。早速近隣住民に非常事態宣言の発令、セキュリティレベルがブルーからレッドに変わった旨を通達しなければならない。場合によっては戒厳令などの公布が必要である。奥は迅速にかつそつなく周辺住民への説明・周知徹底を行った(といっても3世帯だけだけど)。

そしたら出てきた。なにが出てきたかというと・・・。

「ウチが犬飼ってたときに同じようなことがあった」という話である。

まぁ、ウチは春日部市ののどかな地域だからして、日本犬を飼っていた(いる)人で外飼いをしていた(いる)人は多いんですよね。その100%の人(2人だけど)が愛犬に何かをされたという。犬をリードでがんじがらめにされたとか、吊るされたとか。それも隣家の人間が怪しい・・・とか。隣人からのクレームの話もあった。隣の家の酔った旦那が犬にじゃれついたら、スーツが凄く汚れたということでクリーニング代を請求されたらしい。めちゃくちゃな言いがかりだ。

その極めつけが道路に毒を撒いている家があるという話である。確かにその家はそんな感じのするところなのだ。

いろいろ聞いて思った。それは犬が嫌いな人はとことん嫌いだということ。犬を掴んで木に吊るすとか毒のエサを撒くとかいう所業には、例えば犬が怖いだとか好かないとか言うレベルではなく、憎悪、それも殺してやりたい位という嫌な意気込みがある。

ひょっとしたらそういうことを楽しみにしているのかもしれない。

うむむ。しかしだ。そういうことがあってもおかしくないなと思うのである。トカゲが嫌い、ゴキブリが嫌いというようなレベルで本当に犬が嫌いという人がいたっておかしくはないし、それはその人が悪いわけではない。

一方で我々愛犬家達はそういう人たちに本当に配慮をしているのだろうかとも思う。今日も散歩の途中でウ○コを見つけた。私はすごく嫌悪感を持つ。腹が立つ。しかし私は愛犬家だ。これが本当の犬嫌いの人だったらどうであろうか。あまつさえ、それが自分の家の目の前だったとしたら、犬も飼い主もぶっ叩きたくなっても不思議ではないような気がする。引き倒してキャメルクラッチをかけてやろうと思っても仕方がないような気もするのだ。彼らは私が犬を連れて散歩していることだけでも腹を立てているかもしれない。うちの「はな」の鳴き声を耳にするたびに、侵入者は「はな」への憎悪を募らせているかもしれない。私が考えているよりも数倍大きな迷惑と苦痛を蒙っていると思っているのかもしれない。

まぁ、だからといって人の敷地に無断で侵入していいことはないわけだが。

とにかく、とにかく災難だけはやめてくれ。すっかり寒くなった朝の散歩の途中で、月に向かって閣下はお祈りするのであった。
「この子を傷つけないでくれ!!!」

Img_0147

にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ ←ブログランキングのクリックおねがいします。

|

« 【荒れモード継続中】侵入者 | トップページ | 【荒れモード継続中】愛犬のコモディティ »

コメント

はなちゃんの写真を見て、胸がきゅんと
痛みました。この子がつらい思いをさせられるなんて、考えるだけでも体が痛くなる。 閣下は最善を尽くしておられるので、安心して暮らせることをほんとに祈ります。うちの銀もサークル内に犬小屋をいれ、庭で飼ってますので、人ごとじゃありゃあせん。

投稿: ぎんたろう | 2008年11月 8日 (土) 19時45分

ぎんママさん

ご心配ありがとうです。
犬の方は暢気なもので、人の気も知らんと今日もキャンキャンと庭先でいろいろと要求しています。
侵入者が「はな」を傷つけようと思っているのなら、おとといの段階で何かの危害を加えることができたはずなので、そうではないかなとも思っています。何かの警告か、イタズラか、嫌がらせかもしれません。
とりあえず今日も玄関で就寝でございます。
┐(´д`)┌ヤレヤレ

投稿: けんぞう閣下 | 2008年11月 9日 (日) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501831/43044973

この記事へのトラックバック一覧です: 【荒れモード継続中】ご近所の犬事件簿:

« 【荒れモード継続中】侵入者 | トップページ | 【荒れモード継続中】愛犬のコモディティ »