« 最もふさわしくないネタ | トップページ | 毛色の話 »

2008年10月 8日 (水)

長文!ショッピングセンターとペット

昨日、越谷レイクタウンのイオンに行ってきました。
昨日。月曜日。あら、アンタ勤め人じゃなかったっけと思う人がいるかもしれませんが、私は不動産関係の仕事をしているので業務時間中に物件を見に行くというのは口実として”アリ”なのです。
本来ショッピングセンターだと距離も遠いし、休日に遊びがてら見るものなのだが、今はサブプライムで仕事も開店休業中。
ということで半分仕事残りは遊びで行ってきました。
三時にオフィスを出て四時過ぎに「越谷レイクタウン」駅に到着。
駅から見渡す限りの広大な土地一帯で造成工事をやっている。造成工事ですよ。マンションとか建ててるわけじゃない。道路を作って区画を割ってる最中。
まぁ遠大な開発である。
そもそもこの越谷市ってのはハコモノ大好きなんですね。一度車で主だった公共施設をぐるっと廻ってみるとよくわかる。公民館ひとつとっても、ありゃなんだ、ヨーロッパ調というのか、豪奢なたたずまいの建物がたくさんある。
そういえば今週土屋さんという前の埼玉県知事が亡くなりましたね。参院議長までやって知事になった人。人工湖に自分の娘の名前つけちゃった人。でもって、その娘がおカネがらみで捕まって途中で知事やめた人。さいたま新都心。日本最大のハコモノである。この人がやった。すごいですね、あれは。あんな場所に中央省庁が移転してきたものなぁ。むかし、さいたまスーパーアリーナのオープンパーティでお姿拝見しましたが、まぁ周りの気の使いようのすごいことすごいこと。ああ、これが権力というものなんだなと青年は一つ勉強してしまったわけですよ。まるで出来損ないのテレビのドラマと同じである。あれじゃ市民や県民の感覚なんてあるわけないわ。
でもって私の住んでいる春日部はこの人のド地元。この土屋さんという方の捕まっていない方の娘さんが長いこと衆議院議員やってましてね。「食育」というこれまた遠大なテーマで国政を担っていらっしゃる。ねぇ・・・。衆議院で食育ねぇ。どっかの料理教室に客員で雇ってもらうくらいで勘弁してもらえないのだろうか。
このご時勢になっても現職優位が囁かれる埼玉第13区。果たして父親の死が今度の衆院選に与える影響やいかに!
おっと、閑話休題
つまりは謳い文句通りで、これまでの再開発や区画整理事業がらみのショッピングセンターとは規模が違うということがいいたかった。
マスコミなどでも取り上げられている通りとにかく広い。
KAZE棟とMORI棟なる二棟の建物で構成されており、KAZE棟が新駅にほぼ直接ジョイントしている形になる。
縦に長いKAZE棟の深い奥行きをまっすぐすすんだその奥にMORI棟がくっついている。駅から一番遠いMORI棟の端まで脇目を一切ふらずに歩いても15分はかかる。いわくKAZE棟はファンション中心のヤングユース、MORI棟はバラエティ豊かなファミリー向けということらしい。そらそうだよねー、ファミリーは車で来るし、ヤングは電車でくるんだから。
さぁ駅からのアプローチ。二階に上がる屋外エスカレータを上がる。なんでもこの施設のコンセプトは「エコ」だそうで、入り口には緑化壁面を謳った壁がある。ふーん。いくつかのプランターの中に貧弱なパンジーみたいなのが植わっている。この弱弱しいパンジー達に「エコ」の重責を負わせるのは気の毒な気もする。
お出迎えの店舗はPRONTO。
入り口にカフェを入れるのはお決まりである。
そしてどっかの、歯医者。
そのエントランスから大行列ができているクリスピークリームドーナツがチラチラと見える。向かいにはバーガーキング。
この組み合わせはショッピングセンターのお出迎えとしてはさすがという感じもする。来る人も期待をそそられるのではなかろうか。
平日の夕方ではあるが、オープンの勢いも手伝ってなかなかの混雑具合である。しかし行きかう人の手には買い物袋がぶら下がっていない。冷やかし客が多いというよりも、多分店の数が多すぎるために具体的に購買活動に結びついていないのだと思う。「まずは一通りみてみよう」の「一通り」がやたらと長くていつまで経っても終わらないのだ。

とここまで書いてて気づいた。

いちいち訪問記を書いていてはキリが無いのである。
このブログは犬のブログなのである。初志を忘れてはいけないのである。
ではなぜショッピングセンターの話を書いているのかと言うと、このショッピングセンターがペット同伴可だからである。
この点が書きたかったのね、わし。
だから、ここにいきなり話飛ぶけんね。ついてきてね。
イオンレイクタウンはペット同伴可である、一部。
・・・一部。
具体的には駅から遠いMORI棟の一番奥のエリア。つまりもっとも駅から遠い距離にして100m程度通路である。もちろん1階のみ。
もう少しくわしく言うと、駐車場からの一つの入口からテナントのペットショップまでの100m。
外から入って左側は「トヨタモール」と称して、埼玉トヨタにトヨペット、トヨタカローラにネッツトヨタ東埼玉にネッツトヨタ埼玉という、素人にはよくわからない系列店がずらっと並んでクルマを飾っている。みんな同じ広さの区画、似たような車の陳列。系列店同士の縄張り争いだけが興味をそそる造りだ。そのトヨタモールの通路をはさんだ反対側は、シガーバーというのかシガーカフェみたいなやつやらカメラ屋、釣具屋、オール電化のショールームやらが並んでいる。
そのどんづまりに「ペコス」なるペットショップがあるだけ。
あ、なんか書き方がちょっと批判的。
その通りである。
要するにただ単に「まぁ、この入り口からペットショップのとこまでは、あんたらの犬畜生を入れてもいいよ」というだけなのだ。
規模が大きいしわざわざペット可能エリアをつくっているということで、何かあるんじゃないかと期待をしたのだが、見事になにもない。まったくなし。ペット同伴だからという配慮も一切なし。
確かに改めて確認してみると、ショッピングセンター側も別にペットがどうのこうのというアピールはしてない。つまりはあんまり意識はしておらず、あらよって感じでペット進入可エリアを付け足しただけだ。
特にペットを連れて何かを楽しめる機能はこのショッピングセンターにはない。
ららぽーとの豊洲や柏の葉はペット客のことを考えている(もっとやりようはあると思うが)。

その点においては三井不動産の勝ちだった。

(なんか、前半に力入りすぎて本題が薄いなぁ。このテーマどこかでもう少し深堀しよう。)


にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ ←ブログランキングのクリックおねがいします。

|

« 最もふさわしくないネタ | トップページ | 毛色の話 »

コメント

昨日はどうも。
レイクタウン行ってこられたんですね。
ららぽーとは古い船橋でもペット可ゾーンを作ってますよね。
気づかずにエレベーターに乗って大型犬と出くわすと、かなりビックリします。

投稿: たけぼー | 2008年10月 8日 (水) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501831/42721163

この記事へのトラックバック一覧です: 長文!ショッピングセンターとペット:

« 最もふさわしくないネタ | トップページ | 毛色の話 »