« ぴーちゃんの憂鬱 | トップページ | 「はな」とお金の問題 »

2008年9月 1日 (月)

血統書(JKCと日本犬保存会)

血統書。初めて見る。

「はな」の曾おじいちゃん、曾おばあちゃんまでが全部書いてあるんですね。
計14頭の名前、犬舎、登録番号などが記載されている。「はな」の本名(?)、月姫号だそうです。
毛色も書いてある。残念ながらお父さんの方の祖父母の毛色が書いていないが、その他はみんな赤(茶色)だ。MOOK本「シバイヌ・ファンVol2」によれば、赤同士の親から黒の仔が生まれる確率は経験的に5パーセントらしい。

さて,

柴犬の登録機関にはJKC(ジャパン・ケネル・クラブ)と日本犬保存会の二つがある。
「はな」の血統書はJKCのものだ。
母方の犬舎がJKCだかららしい。母方の祖母、そのまたお母さんもJKCに登録されている。
しかし、その他の11頭は全部日本犬保存会の登録だ。
要するに日本犬保存会系の血が濃いということのようですね。

ここからはトレーナーさんから聞いた話だ。日本犬保存会とJKCはちょっと性格が違うらしい。
ちなみに日本犬保存会はHPで組織の目的を「日本犬に関する諸般の事項を調査研究し、その保護、繁殖及び体型能力の向上と改良発達を図り、各種使役に対する利用を増進し、犬籍簿を整備し、日本犬に関して諸官庁及び諸団体との連絡を図り、日本犬によって我国文化の向上に資すること」としている。
対して、JKCは定款で目的を「各種畜犬の犬籍登録及び有能・優良犬の普及と畜犬の飼育の指導奨励を行い、広く国民の動物愛護の精神を高揚する」という。
長ったらしいけど、完全に違う。
日本犬保存会は犬の能力と日本文化の向上を目指しており、JKCは蓄犬の普及と動物愛護精神の高揚だと。

となると、当然二つの組織で「良い犬とは何か」という考え方が違う。そのあたりは展示会やドックショーなどのやり方にも出ているらしい。曰く、日本犬保存会は日本犬本来の性質を重視する。JKCは愛玩犬としての性質を重視する。日本犬保存会の展示会などでは2頭の犬をつき合わせて、目をそむけたりすると評価が落ちるという。
つまり日本犬保存会系の血統はちょっと野性味に溢れているらしいのである。

Img_0445

先のとおり、「はな」は曾祖父母まで14頭のうち11頭が日本犬保存会系だった。
なるほど~。
血は争えませんなぁ。「はな」ちゃん。


にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ ←ランキング参加中です。クリックおねがい。にほんブログ村 黒柴犬

|

« ぴーちゃんの憂鬱 | トップページ | 「はな」とお金の問題 »

コメント

ほっほぅ~すごく参考になりましたhappy01
こういった違いがあったのですね!
ちなみにウチは日保なのですが、野性味かぁ~ 
ウチの犬にはありそうで無いかも?

いや、公園でハトーカー(鳩追い)する時には確かに野性味を感じます(笑)

投稿: あん金ママ | 2008年9月 1日 (月) 22時34分

あん金ママさん

コメントありがとうございます。
うちの「はな」はハトーカーNANAちゃんのように、すなお~な顔して写真に納まることがないので、うらやましい限りです。咬みんぐ・すーんですしね。顔見るとほんと穏やかですね。猫ちゃん達とママさんとのフレンドリーな生活が影響しているんでしょう。
それができないんですよね~。


投稿: けんぞう閣下 | 2008年9月 2日 (火) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501831/42332756

この記事へのトラックバック一覧です: 血統書(JKCと日本犬保存会):

« ぴーちゃんの憂鬱 | トップページ | 「はな」とお金の問題 »