トップページ | ペットショップ »

2008年8月 1日 (金)

名前は「はな」

初めて犬を買ってしまった。

子供のころから犬を飼いたいと思っていたのに、中年のこの歳になるまでその機会に恵まれることが一切なかったのだ。
というのも、子供の頃は借家住まいで、いろんな意味で余裕のない家庭だったし、結婚して自分の家を持っても、うちの奥(女房)が動物一般を嫌っているので全く話にならない。
つまり生涯通じて犬を飼える環境にはおらず、所詮無理な話だと諦めていたので、犬が欲しいという気持ちすらここ二十年くらいはすっかり忘れてしまっていた。

ところが、その私がなぜか家族と一緒にペットショップで仔犬を購入していました。もちろんそれには理由があるが、ここでは触れない。
2008年6月22日の日曜日、メスの黒芝だった。生まれて50日位の本当に小さな子でした。

22jun01

帰りの車の中で仔犬の名前について話し合う。買ったのは女の仔で、芝犬は和犬だから、かわいらしくも日本人の矜持に満ちた「さくら」という名前を私は提案してみた。10歳の娘は「キャンディ」「クッキー」だの軽薄かつ、ある1点のみに共通した名前を挙げる。息子は「ブックオフちゃん」とか「びっくりドンキーちゃん」とか言っているので無視した。いろいろと候補があがったが、そのうち運転席に座っている奥がボソッと「はな」と言った。

先のとおり、うちの奥は動物嫌い、犬嫌いである。ペットショップでも指先ひとつ仔犬には触れていない。にもかかわらず間隙を縫って、私の大切な仔犬のネーミングライツを奪取しようとする。その意味がわからない。

しかし、奥が言った「はな」という名前が、なぜか私は気に入ってしまう。
和名でチャラチャラした感じがしないし、シンプルで、呼びかけるときも明るい感じがする。単純な発音だから呼ばれる犬のほうでも分かりやすいかもしれない。かわいらしさの表現の程度が「さくら」という名前より、少し押さえられているところも良い。

そういうことで我が家の新しい家族の名前は「はな」に決まった。

犬を飼うのが初めてということもあり、万全の引受体制を整えるべく犬の引き取りは二週間後の7月5日にすることにした。

|

トップページ | ペットショップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トップページ | ペットショップ »