« 「はな」が来るまで(おや?) | トップページ | 「はな」が来るまで(エサ) »

2008年8月 5日 (火)

「はな」が来るまで(き、寄生虫っ!)

さて、購入契約を済ませればあとは仔犬の引き受け準備である。
引き取りは契約から二週間後の土曜日の朝を予定していたが、その10日ほど前に「はな」が寄生虫に感染していると連絡があった。それも二種類、加えて変な菌も一つ出ているという。それらは母犬から引き継いでいるので仕方がないという。虫下しを飲ませているが、検便検査で寄生虫がいなくなってからの引渡しになるので、場合によっては予定の日に間に合わないとのこと。まぁ、ある程度仕方のないことではあった。

しかしこの話が私をとても不安にさせた。10日以上も寄生している寄生虫なんかいるのだろうか。ひょっとして極端に弱い仔にあたったのではないかと疑うのはあまりにも勝手だが、それでもあの小さな生き物が病気になったというのは想像すると結構ショックを感じるのである。
とにかく家族と次の土曜日に「はな」の様子を見に行った。そのときの「はな」がとても元気だったので少し安心はした。しかし、寄生虫に感染している犬を、他の仔犬がいる店内に持ち出すのはどうなのだろうか。さらに今どういう環境で預かっているのか、見せてもらおうとも思ったのだが、犬を預けているという立場もあって、心証が悪くなっても嫌なので黙っていた。このあたりは子供を入院させた親の心境である。後日検便の結果を連絡してくれるというので、早い完治を祈念しつつ、次の週の土曜日を待った。
しかしそれから、しばらく連絡がこない。前日の金曜日になって催促の電話を入れて、折り返し連絡があったのが夜八時。今か今かと待っている身にこの一日は辛かった。結果は検便が採取できずに出ていないとのこと。それまで一回も検便はしていないため、事態がどうなっているのかもさっぱりわからない。
申し訳ないが、私はキレました。
少し過敏だったかもしれない。しかし、その日まで一回も検便をしていないということに腹がたった。これ以上ショップに預けるくらいだったら、既に紹介してもらっていた動物病院にまかせるわいという気持ちもあって、感情的に怒鳴ってしまった・・・。
結局、次の日の朝に検便ができて、結果も大丈夫ということになった。ほんのちょっと時間の余裕をもって2・3日前に検便をしてくれればよかったではないか。もし仮にその時点で駄目でも、それを伝えておいてもらえばこんなに悶々とすることはなかった。その状態で土曜日に「今日調べたら大丈夫でしたが明日どうします?」とでも連絡をもらえたら、私はクレームをつけるどころか逆にとてもよいペットショップにあたったと思ったはずだ。
たったそれだけのことである。
それだけのことができないから、いろいろあることないことを言われてしまうのだ。虐待とか言われるのだ。店長の歯がヤニだらけになるのだ。現場は素人だと言われてしまうのだ。

ペットショップには出会いを取り持ってくれた感謝と、どうなってんだよという気持ちがないまぜになっているのが実際なのだった。07jul05

|

« 「はな」が来るまで(おや?) | トップページ | 「はな」が来るまで(エサ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501831/42147785

この記事へのトラックバック一覧です: 「はな」が来るまで(き、寄生虫っ!):

« 「はな」が来るまで(おや?) | トップページ | 「はな」が来るまで(エサ) »